治療の種類

治療の種類

矯正治療とは

矯正治療は、歯並びや噛み合わせを正しくする歯科治療です

矯正治療は見た目をキレイにする治療だというイメージが強いですが、ただ見た目をキレイにするだけでなく、安定した噛み合わせやキレイな発音といった機能の改善も同時に得ることができる治療です。

また、歯並びを改善することで、むし歯や歯周病の予防につながったり、体のバランスが良くなり、偏頭痛や肩こりが改善されるなど、お口の中だけでなく全身の健康にも良い影響を与えます。

他にも、しっかり安定した噛み合わせは、お口の周りや顔面の筋肉を鍛え、自信のある表情を生み出し、コンプレックスの解消やアンチエイジング効果にもつながると言われています。

矯正治療とは

大人の矯正治療

表からの治療でも目立ちにくい大人からの矯正治療

“矯正治療は子供のうちに受けるもので、大人になってからでは遅い” “大人の矯正治療は痛い” “装置が目立つので今さら治療できない” と言った声をよく聞きます。

しかし、材料や治療技術の進歩により、歯を支える骨の状態や歯の質などに問題がなければ、年齢に関係なく安心して矯正治療を受けられます。

当院では、目立たない治療や、痛みが少ない治療など、患者さんのニーズに合わせた治療を提案させていただくため、最新の治療技術や材料を導入しております。

大人の矯正治療

表から装置が見えない矯正治療

裏側に装置を付けるのでお仕事の制約を受けない矯正治療

舌側 (ぜっそく) 矯正と呼ばれるこの治療方法は、歯の裏側に装置をつけるので、誰にも気づかれずに矯正治療をすることができ、お仕事の都合上矯正装置を表側につけられない患者さんや、表から装置が見えることに抵抗がある患者さん、スポーツの最中にぶつかって装置で唇が切れないか心配な患者さんに適した治療方法です。

また、歯の裏側は常に唾液で湿っており、唾液の静菌・殺菌作用により、表側に装置をつけた時と比較してむし歯の原因となる細菌が増殖しにくくなっており、むし歯のリスクが低くなります。

しかし、歯の裏側に装置がつくので、表側に装置がつく治療方法よりも、しゃべりづらかったり、舌への違和感が強く出る場合があります。これらを解消するため当院では、患者さんの歯の形に合わせた厚みの少ない装置をオーダーメイドで作る“インコグニートシステム”を取り入れています。

装置が見えない矯正治療

マウスピース矯正治療

金属アレルギーでも安心の矯正治療

マウスピース矯正治療は、歯に固定式の矯正装置をつけず、マウスピース型のアライナーと呼ばれる取り外しが可能な装置を用いて治療を行います。ブラケットやワイヤーといった金属製の装置を使用しないので、金属アレルギーの患者さんも安心して治療を受けることができます。

目立ちにくく、食事や歯みがきの時に装置の取り外しが可能なので、お口の中を清潔に保つことができる反面、1日20時間以上の装着が必要となり、使用できない際は治療が進まないだけでなく後戻りを起こしてしまう場合もあります。

また、歯並びの状態によってはマウスピースと併用して一部固定式の装置を使用したり、適応外になる場合があります。

マウスピース矯正治療マウスピース矯正治療
【 当院で行っているマウスピース矯正治療 】

インビザライン

インビザラインは、矯正治療終了時までの治療計画に基づき、歯の動きをシュミレーションし、患者さんに合わせてオーダーメイドで作られる透明なマウスピースです。2週間ごとに順番に装置を装着して、歯を徐々に動かしていきます。

アソアライナー (旧クリアアライナー)

アソアライナーは、インビザラインと同じマウスピース型の装置ですが、1回の歯型の採取で治療終了までの装置を作るインビザラインと異なり、歯の動きに合わせて毎回歯型をとって装置を作ります。
比較的軽度な矯正治療に適しています。

部分的な矯正治療

気になるところを短期間で治療

部分的に歯並びが悪いところがあり、特にかみ合わせに大きな問題が無い場合に行う矯正治療で、ブラケットやワイヤーといった装置を全ての歯に付けず、部分的に付けて治療を行います。

治療費を抑えることができ、短期間で矯正治療が終了できるといったメリットがある反面、お口の中の環境によっては治療期間が長引いてしまったり、全体の治療と比べると治療結果が異なる場合がありますので、治療前によくご相談ください。

部分的な矯正治療

お子様の矯正治療

お子様の歯並びを成長期からコントロール

矯正治療は大人になってからでも可能ですが、大人の矯正治療ではアゴの成長発育がコントロールが出来ないので、その条件の中で歯を動かす治療となります。

お子様の矯正治療では、歯の生え変わりの時期から治療を始めることで、歯並びだけでなくアゴの成長発育をコントロールしながら矯正治療を行うことができ、より理想的な治療を行うことができます。

お子様の矯正治療

治療を始める時期

通常は、6~7歳頃 (前歯が上下4本ずつ生え始めた頃) に診察を受けて、矯正治療をする必要があるかどうかをチェックすることをお勧めしています。

ただし、前歯が反対に咬んでいる (反対咬合) 場合は、4歳頃から治療を行います。この時期の反対咬合の原因に、舌が通常より低い位置にあることや、お口の周りの筋肉バランスが悪いことが挙げられます。

これらを改善するため、トレーナーと呼ばれる取り外しが可能な装置を使って治療を行っていきます。取り外しが可能な装置なので、お口のメンテナンスが簡単に行えます。また、お家の中で行う装置になるので、周りに知られずに治療を行うことができるといったメリットがあります。

当医院では、トレーナー治療と同時に筋機能訓練を行います。トレーナーはあくまで筋機能訓練の補助装置であり、正しい訓練を行うことで効果を発揮します。

トレーナートレーナー
【 お子様の矯正のメリット・デメリット 】

メリット

  • アゴの成長発育をコントロールすることで、より良い治療結果につながる。
  • 歯並びを広げることで、大切な大人の歯を抜かずに歯並びを整える確率が高くなる。
  • 大人の矯正を行う確率を低くできる。
  • アゴの成長発育や歯並びに悪影響を及ぼす指しゃぶりや噛み癖、舌の癖といった悪習癖を早期発見・早期治療できる。
  • 早期に歯並びを整えることで、お口の中の環境が良くなる (むし歯予防など)。
  • 舌の癖の改善により、発音が良くなる。
  • 姿勢が良くなり、肩こりや偏頭痛といった全身への悪影響を予防することができる。
  • 歯並び・口元がキレイになることで、自信のある笑顔が獲得できる。

デメリット

  • 幼児期から治療を行うので、大人の歯が生えそろうまでの期間を含めると、通院期間が長くなる。
  • 装置を正しく使っていただけない場合は、治療効果や予後に良くない影響を与える可能性がある。
  • お子様だけでなくご家族の協力が不可欠です。協力が得られないと、治療の効果や予後に影響をおよぼす場合があります。
<以下の症状がある場合は、矯正治療を受けて頂いた方が良いので、ご相談ください>